Lovin’Box

お気に入りの服やアクセサリーの買取情報サイト

18金の相場と買取価格の推移

金の価格が高騰中!買取でも得しやすい

金の価格の年次推移

金は世界中で愛される貴金属の1つで、昔から様々な財宝に使用されてきました。

金は不変性が高く、株や債券などの様に価値が0になることがない実物資産として、世界中で取引が行われています。

アクセサリーや電子部品などに良く使われているため、宝石に比べるとなんとなく身近な貴金属の様な感じがしますが、実は今までに約183,600トン(競技用プール約3.8杯分)しか採掘されておらず、意外にも希少価値の高い金属です。

しかも、今後採掘できる金の量は約56,000トンと言われており、このままのペースが続けば約19年ほどで失われてしまうので、非常に貴重な資源なのです。

金は毎日その価値が変動していますが、この希少性が影響し、金の価格は年々上昇し続けています。

田中貴金属の金の年次価格推移を見てみると、金の価値は1980年の最高価格6,495円から下降していましたが、2000年代に入ってから17年間常に価格の上昇が続いています。

多少の上下はあるものの、ここ5年間は安定して4,000円後半~5,000円台の価値となっており、今後も価値が上がっていくと見られています。

価値が高まる時は金の売り時!

金の価値が上昇しているということは、金の素材を使ったネックレスなどのアクセサリーを売った時も、それまでに比べて高く買取ってもらえるということです。

金を使用しているものを売りたいのであれば、まさに価値が上昇している今が売り時と言えます。

現在は18金の様に少し純度が下がった素材であっても、1g3,500円前後の価格で買取ってもらうことができるので、金の使用量が少ないピアスなどの軽微なものでも高く売ることが可能です。

ちなみに、金の価格変動は毎日変化するので、同じ様に金の買取価格も毎日変わっていきます。

買取店によっては、今日の金の買取価格や、今月の買取価格の推移といったものが公式サイトに載っているので、この様に情報をきちんと提示しているお店を使うのが安心です。

金を含めた貴金属を中心に買取ってもらいたいということであれば、この金の買取価格でお店を比較することが出来ますし、安く買い叩かれてしまうという心配もありません。